借金で悩むよりも債務整理を

お金を借りると元金に金利をプラスして支払いをしなくてはなりません。


借金が少なくて金利負担もそこまで大きくないうちは特に問題ありません。

しかし借金はある程度以上になってくると、雪ダルマ式に金利が増え、返済のために借り入れをすることでどんどん借金が増えていってしまうのです。

そうなってしまうと一人で悩んでいてもどうしようもなくなってしまいます。
しかし借金は「債務整理」をすることによって解決できる問題なのです。
ない袖は振ることができません。



債務整理はある程度デメリットも存在しますが、金利が全額免除になったり、借金の一部、もしくは全額が免責になるなど、手段によっては大きな効果もあるのです。債務整理には債権者との間に弁護士や司法書士が入って行う任意整理(私的整理)と、自己破産や個人再生などの裁判所による法的整理があります。

所沢の弁護士情報を、皆様へ配信するサイトです。

自己破産をしてしまうと、特定の職業や資格が制限されたり、官報に名前が載ってしまうなどのデメリットがあります。
しかし免責が降りれば借金は全てなくなり、新たなスタートを切ることができます。
任意整理の場合は金利をカットして、4年程度を目安に元金を全て返済することになります。
一定の収入がないと選択することができない手段ですが、自宅などの資産は売却せずに済みます。

ジョルダンニュース!の珍しい情報をご紹介しています。

整理にはいくつか種類があり、置かれている状況によって選択しなくてはなりません。
このまま払い続けていても終わらないと感じたら、既に破たんしている状況ですので、思い切って債務整理を検討することも大切です。